30代の頃を振り返ると、やっぱり健康や生活習慣に気をつければよかった…

投稿日: カテゴリー:

今回は私の30代の頃と40代になった今の感想を述べます。

女性の若年期ですと雌性ホルモンが頻繁に内分泌されますから、エネルギッシュで健常と言える生活を送れるでしょう。

ところが、年齢が上がるにつれ雌性ホルモン物質の合成が減少して多種多様な反響がもたらされ、それ故に閉経期障害などが誘発されるようになってくるのです。やってみたいフィットネスがあるものの金銭的余裕も自由時間も足りない、このような三十代女性も多いでしょう。そういう状況なら、1日当たりちょっとずつ身体を動かす事からスタートしてみてはいかがでしょう。

先ずは往復の移動の際と休み時間などに比較的手早く実行可能なものから実践してみると良いでしょう。健康的な生活を過ごしたいなら食事と同じく多少の運動が大事でしょう。いきなり不慣れな過激な種目を行うのではなく、気軽なプログラムからスタートしませんか。新陳代謝量に加えて体力を上昇させていく事によって体を絞る作用も見られます。

上記は重要です。

私も白髪や抜け毛が増えだして最近こうゆうことは、やっぱり30歳の時から気をつけるべきだったと少し反省しています。

最近は前回話したような、白髪に関してケアできるよいものを探してますが、最近は利尻昆布のカラーシャンプーの効果が載っているサイトがあります。

私はこれがけっこう気に入ってるんですよね。前回は染めるタイプのブリーチなんですが、こちらはシャンプーしながらって染まるのがミソですね。

 

ただ、健康も美容も結局のところ、若いときから気をつけるに越したことない。ホントですよ。気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です